SiteMap

求人誌をみて今の社会に思うこと

笑顔の男性

新聞を取っていれば求人情報誌が毎週日曜日に入ってきます。専業主婦で子供がまだ小さい現在、子育てに追われて、今は切迫して就職しようとは思っていないのですが、何故か毎週求人のチラシを見てしまいます。
そして「あ!ここのスーパーでのバイトは時給がこれくらいなんだ」とか、「この仕事でこれだけの時給がもらえるなら、働きたいな~」なんて思ったりしています。しかし、すぐに子供の存在に気付き、「あっ!今は働きたくても働けない」といった切り替えの作業が行われます。
わたし自身が、さほど就職することに、今は消極的なので、それ以上の感情はわきませんが、働きたくても子供が小さく、そして子供がどこにも預けられない女性にとって、求人誌を見るということは、とても嫌な気分を伴うことになっていると思います。
保育園・保育士の不足から、待機児童の問題が連日のようにニュースで流れてきます。最近のニュースでは、保育士の資格を持っていなくても、講習を受けるなどすれば、保育士の補助という形で働くことができるという待機児童の解消のための明るい情報もあります。
しかし、子供の問題が解消されても、家族の・親の介護を担っていくとされているのは、圧倒的に女性だという認識が根強いと思います。すると今度は介護で仕事が出来ない、という悩みを解消するための政策も必要となってくるので、女性の社会進出は遠いなと感じています。

Recent Posts

笑顔の女性

2017/11/01

悪意を感じた求人

私が24歳の頃、大手の文房具メーカーに勤務していました。ある程度の稼ぎはあったのですがかなりの…

MORE ▶

ダンディな男性

2017/11/01

今の会社の求人募集要項へ不満

今の会社に入ろうと思ったきっかけは、とある求人情報誌でした。そこには、9時~17時の内6時間と…

MORE ▶

笑顔の男性

2017/11/01

求人誌をみて今の社会に思うこと

新聞を取っていれば求人情報誌が毎週日曜日に入ってきます。専業主婦で子供がまだ小さい現在、子育て…

MORE ▶

可愛い女性

2017/11/01

求人情報誌に思うこと

一昔前までは、求人情報誌というと本屋さんやコンビニなどでお金を出して購入して仕事を探す時代でし…

MORE ▶

List